契約書を忠実に翻訳するコツ|業者に依頼しよう

男女

海外進出の成功に貢献

言語

取引と契約に必須

幅広い業種の企業が海外進出を果たすようになり、言葉による意思の疎通がこれまでよりも重要となっています。市場開拓に効果的とされる海外進出ですが、会社設立または代理店契約の際に言語の解決は必須でしょう。設立の場合は半年から1年かかるケースも珍しくはありませんので、営業活動を開始する近道として、多くの企業が翻訳代行を利用しているのです。海外の営業活動には比較的大きな初期費用が必要となりますが、国によって法律が異なるため、翻訳代行は削減対象にするべきではありません。今後の円滑な取引が成功か否かの分かれ道となりますので、翻訳代行のサポートを前提とし、十分な比較ののちに依頼先選定をしましょう。翻訳代行のサービス内容は希望言語に訳すことですが、会社ごとに対応言語が異なり、プランや料金も比較対象となるのです。通常は単価に文字数をかけて料金を算出しますが、翻訳代行サービスによって金額はまちまちです。また、翻訳者のレベルで単価が分けられているケースもあるため、翻訳内容の重要度で使い分けるのも工夫となります。企業によっては専門的な内容の文書も作成しますが、近年の翻訳代行サービスは、専門ジャンル対応のプランも利用可能です。医療機関・金融機関といった通常の翻訳では困難なジャンル、契約書や書籍などの長文翻訳も依頼できます。つまり、単価で比較してみる手段も間違いではありませんが、翻訳対象に適しているかという判断も重要です。