契約書を忠実に翻訳するコツ|業者に依頼しよう

男女

外国語の翻訳は業者委託で

言語

業者委託の方法は簡単です

近年企業による海外進出が激しくなっています。特に進出先として人気があるのは香港で、規制や許認可が日本に比べて緩やかといった事情がその理由と言えます。そして香港における活動が増える中、通訳業務の重要性が日に日に増しています。こうしたことから通訳業務を業者へ委託する動きが多くなっています。ここでは香港で通訳業務を行う場合の業者への委託方法について紹介します。まず、インターネットなどで業者をリサーチします。このとき、香港では広東語及び英語が公用語となっておりますので、そういった言語を専門的に扱っているかどうかを確認しておく必要があります。適当な業者が見つかれば、電話でその業者へ問い合わせをいたします。同時通訳のほか文書の翻訳などといった提供されているサービス内容がどのようなものなのか、また、費用はどれくらいかかるのか、といった点を確認します。このとき、その業者の実績もさることながら、ネイティブスピーカーの在籍数などに注意を払う必要があります。それによって質の高いサービスの提供が得られるのかどうかを見極めることが重要となります。なお、業者によってはメールで受け付けているところもあります。提供されるサービス内容や料金が納得できるものであれば、正式にその業者と契約を締結、通訳業務が開始されることとなります。最近は広東語や英語を扱う業者が増えてきており、高品質なサービスを低価格で提供する傾向が強くなっています。